AWAY FROM THE WORLD 人物紹介

sample.jpg

AWAY FROM THE WORLDの登場人物
山川ソウタ

2013-06-29

ジパ国のワッックス・マガジン社マンスリー•ミライ若手編集者

IMG_9747.jpg坂本泰久演じる山川ソウタ マンスリー•ミライ若手編集者。編集長田花キキにチャイミン国の取材を依頼され、チャイミン国国民党党首補佐に取材、その帰りにタンクローリーの大事故に巻き込まれて死亡と報道される。
しかし実際は、チャイミン国民の殆どが知らない秘密監獄チャイミン・ジェイルに投獄されていた。
ソウタは、必死で自分の無実を叫ぶが誰も対応してもらえない。同じ牢屋に入れられている3人の青年は、永遠にこの牢屋から出る事は出来ないと伝えられ憤りを感じ、必死で逃亡をはかる。
持ち前の明るさと、正直さはすぐに3人と仲良くなる。そして、ソウタはこの3人がなぜチャイミン・ジェイルに投獄されたのかを知る。
チャイミン国は多民族国家であるが、その中でも少数民族シュンマ民族の者達だけが投獄されている。シュンマ民族は不思議な能力を持ち、その能力を国家の為に使うか、他国にその力を用いられないよう牢屋に入るかの選択しかない。3人は不思議な力を持つシュンマ民族の青年だった。通称アクションはテレパシー、通称シジンは人の心を読む能力、通称ハッカーは全てを記憶してしまう能力。
3人はソウタを本国に返す為、ソウタの脱走計画の為、自分たちの能力を使う事に決めた。とはいえ、アクションのテレパシーは100メートルが限界、シジンの心を読む能力も近くに居ないと読めない。
しかし、ジパ国出身の山川ソウタには、全てを覆す能力があった。
それは、チャイミン国国民党党首補佐であるドン・チェンキムが探している、世界の大きな渦を作り出すトリガーとなる能力!
走るソウタ。追いかけるドン•チェンキムの部下であるパーサー・ファイブ、シスキャナー、犬のボス。
3人はチャイミン・ジェイルのコンピューター・ルームを占拠し、ハッカーがあらゆる施錠された機器のハッキングを行い、アクションがテレパシーでデータを送り、シジンがソウタの心を読む!
世界の大きな渦に巻き込まれたソウタは、逃げ切る事が出来るのか。

そして、ソウタは、もう一度、あの3人を救いに戻るのか。

このシリーズは、
人を思い走り、人を思いやり走る、山川ソウタの物語でもある。

ページトップへ

通称アクション

2013-06-29

シュンマ民族の血を引く青年

IMG_9799.jpg渡部愛演じる通称アクション マンスリー•ミライ若手編集者山川ソウタが投獄された牢屋にいた3人の一人。シュンマ民族の血を引く青年で、シュンマ民族の母とミヌー族の父の子。通称の通り、アクションが得意。とても明るく感情的ではあるが、少し軽率な所もある。山川ソウタと仲良くなるのも一番早かった。
ソウタの脱走を助ける事になるのだが、アクションの能力テレパシーでソウタに様々な情報を送り続ける。テレパシーの能力は100メートルぐらいが限界だが、何故か(これは作品でのキー)能力の力の限界がのびる。
幼い頃、アクション能力をミヌー族から学んだ。その頃食べた饅頭が、どうしても食べたくて、満月を見ても饅頭に見えてしまう。
ミヌー族の村から出て来たが、追跡局に捕まり、能力の事も、出身地も話さなかった。ミヌー族に災いを招くと思ったからだ。
自分を犠牲になってでも、人の事を思うアクションの行動に、ハッカーもシジンも心動かされる。

ページトップへ

通称ハッカー

2013-06-29

シュンマ民族の血を引く青年

IMG_9815.jpgマット•前転が演じる通称ハッカーマンスリー•ミライ若手編集者山川ソウタが投獄された牢屋にいた3人の一人。シュンマ民族の血を引く青年。通称の通り、コンピューターが得意。特にハッキング能力に優れている。それは、彼のシュンマ民族の中でも特異な能力、全てを記憶してしまうという能力によるものだ。
幼い頃、両親が殺された時の事を、全て記憶しているため、ソウタがもしものことがあれば、その事でも記憶し続け、悲しみ続けるのが怖くて、なかなか心を開かない。そういう用心深さもあって、常に冷静沈着に行動し、あらゆるシーンで最善の答えをたたき出す。
ソウタを脱走させるため、ドン・チェンキムからアクションとシジンを救うため、最後の最後まで戦う。そして、RUN AWAY OFFの最後(ネタばれします)、AWAY FROM THE WORLDにつながるとある契約をするのだが…

自分の才能を人のためには使いたいのに、国のために使う場合、それが邪悪な方向に使われるかもしれないと考えそれを拒否し、牢屋に入る事を厭わなかった気高い青年達。その青年達が、世界の大きな渦に巻き込まれ、どう行動して行くのか、それが、RUN AWAY OFFの根幹となる。

ページトップへ

通称シジン

2013-06-29

シュンマ民族の血を引く青年

IMG_9670.jpgべっち。が演じる通称シジンマンスリー•ミライ若手編集者山川ソウタが投獄された牢屋にいた3人の一人。シュンマ民族の血を引く青年。通称の通り、詩を作るのが好き。そして、彼のシュンマ民族の中でも特異な能力、人の心を読んでしまう能力は周りの者を恐れさせる。
3人の中でも一番最初に牢屋に入れられた。自然を愛してやまないが、幼い頃の記憶でしか、自然を知らない。山川ソウタの心の中の様々な映像を見て、幸福感に溢れる。

ソウタを脱走させるため、最後の最後まで戦う。そして、RUN AWAY OFFの最後(ネタばれします)、満月を見せようと必死の2人の努力も空しく、息絶えてしまうが…。

このシリーズの根幹となす詩を読む。その詩は、ソウタを動かし、ハッカーを動かし、アクションを動かし、世界を動かした。

真実を追いかける者は、この世から追いかけられる。
真理を知りし者は、この世から迫害を受ける。
真実は果実となり、喰い貪(むさぼ)られ朽ち果てる。
真理は白き花となり、満月と共に輝き続ける。


僕たちの想いは夜空いっぱいに広がり
星のようにキラキラ煌めき
真っ白な満月と共に、世界を照らそう。
真っ白な心で、世界を照らそう。



ページトップへ

パーサー・レッド

2013-06-29

シュンマ民族の血を引く青年

IMG_9680.jpgドン・タクヤが演じるパーサー・レッドチャイミン国追跡局局長ドン•チェンキムの元で活躍するパーサー・ファイブのリーダー。空間固定の能力キンコーの使い手の中での最も強力で、「レッド・スパーク」と自分で名付けている。『RUN AWAY OFF』では、山川ソウタを救うためにコンホイ国からライオンロックをクライムし、チャイミン国に潜入しようと企むジパ国の田花キキと石英コウを何度も捕らえた。『パーサー・ファイブ』では、チャイミン国のために活躍するが、自分たちが一体何のため、誰のため働いているのか、疑問を持ち、育ての親でもある、ドン・チェンキムに疑問を持ち始める。
正義感が強く、人を導く力も強いが、愛に飢えている優しい青年でもある。

キンコー使いのマスターである、キンコー・クリーンに幼少の頃手ほどきしてもらった事もある。
そのキンコー・クリーンは、『AWAY FROM THE WORLD』で前半、活躍をしますので、必見。



ページトップへ